これで解決!結婚指輪とその種類

結婚する場合は結婚指輪が必須のように思われていますが、最近は結婚自体の意識も変わっているため、必ずしも結婚指輪は必須とは限りません。

結婚するなら結婚指輪は必須?

結婚すると結婚指輪を身に付けるというのが一般的ですが、これは特に法律で決まっているわけではありません。

ではなぜ、男性も女性も結婚すると当たり前のように結婚指輪を身につけるのでしょうか?

・結婚指輪は必須なの?

世間一般の考えでは、プロポーズをする時に、婚約指輪を贈り、結婚すると結婚指輪をはめます。

しかしこれは法律で決められているわけではないので、結婚後に結婚指輪をはめなければいけないという事ではありません。

ではなぜこうなっているのか?

理由はいろいろありますが、一番多いのはギリシャ神話に由来しているという事が関係していると考えられます。

実際にはロマンティックというよりは、ややシリアスな内容ですが、ロマンティックなイメージが先行し、夫婦として永遠の愛を誓う、というような意味合いがあるからでしょう。

・結婚指輪をしない派

一昔前は結婚式をするのが主流でしたが、今は結婚式もせず、結婚指輪もしないカップルは増えています。

地味婚を選ぶ人が多くなったのも理由の一つですが、結婚という形にとらわれず自分たちらしいスタイルを貫く人に多いのが、結婚指輪をしない派です。

結婚指輪をしていないから愛情がないという事はなく、指輪の代わりにお揃いの時計やネックレスなど、違う形にする事もできます。

・まとめ

結婚指輪は絶対に必須という事はありません。

どうするかはふたりで決めていけばいいですし、経済的な余裕が出来てから購入しても問題ありません。

◎選ぶ際はこちらを参考に⇒結婚指輪ランキング